So-net無料ブログ作成

MIS-XとMI9 [歴史・人物]

Anna-Chapman-300x218.jpg
アメリカでロシアのスパイが話題になっているので、今回はスパイにちなんだお話を。

第二次世界大戦中、アメリカにスパイ映画さながらの組織があったのをご存じでしょうか?

組織の名はMIS-X(Military Intelligence Service department X)。
アメリカ陸軍参謀本部のG-2(情報部)の中の一つで、有名なものは暗号解読機関のSIS(Signal Intelligence Service)などがあります。

第二次世界大戦末期、ドイツ他各国に捕えられた捕虜たちと連絡を取り合っていたのが、アメリカ、バージニア州 ハント基地のMIS-Xでした。

MIS-Xの活動の目的とは①捕虜の脱走計画の支援 ②捕虜をスパイに仕立て上げること でした。
もちろん、これは戦争捕虜を人道的に扱わなくてはいけないとされているジュネーブ条約違反です。
捕虜は、本来、すでに一切の戦闘行為から離れているため、一個人として保護されるべきですが、MIS-Xは捕虜をドイツ領内に潜むスパイへと仕立て上げました。

では、いかにして捕虜をスパイへと仕立て上げたか。
それはイギリスから出撃する航空兵へあらかじめ、暗号を教えておくのです。
パイロットから将校、他敵に捕まる可能性のある者、全員にこの暗号を覚えさせました。

彼らの飛行機が撃墜され、捕虜となるのがMIS-Xの狙いでした。
うまく収容所に潜り込むことのできた兵はすぐさま、MIS-Xに情報を送ります。
そして収容所にいる者たちはトンネルを掘るなどして、脱走を企てます。

一方、イギリスにも捕虜を脱走させるための最高機密の部署がありました。

MI6MI5というのはご存じの方も多いと思います。MIとはMilitary Intelligenceの略で、イギリス国内で活動する部門がMI5、海外で活動する部門が「007シリーズ」でおなじみのジェームズ・ボンドや「パタリロ」のバンコランが所属するMI6です。

実際にはあんなに目立つ人は採用されません。

ロシアより愛をこめて [Blu-ray]

ジェームズ・ボンド




パタリロ! (第10巻) (花とゆめCOMICS)

バンコラン(右下の人)


しかし、捕虜を脱走させていたのはMI9という1940年に設立された部署でした。(MIS-XはMI9を手本に1942年に設立)。
MI9とMIS-Xは捕虜を脱走させるのみならず、スパイとして活用することで意見が一致していました。

収容所ないには暗号作成部門が作られ、そこで暗号の書かれた手紙を作成していました。
手紙は、中立国のスイス→スペイン→ニューヨークの仕分局→ワシントンのボーリング空軍基地を経由し、ハント基地に運ばれ、暗号解読者にわたっていました。
MIS-Xは捕虜たちにドイツ兵と仲良くするように指示し、ささいな会話からも様々な情報を引き出していました。


ヒトラーは脱出を困難にするため、戦線から離れた場所に捕虜収容所を作っていました。
ジャガン大3空軍捕虜収容所もその一つです。

そう、あの有名な映画「大脱走」です。



大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]

大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



あの名作の背景にはこんな組織の存在があったのです。



第二次世界大戦後、MIS-XもMI9もなくなり、MI5とMI6に統括されましたが、Military Intelligenceにはもともと19のセクションがありました。
気になる方は↓
MI1…暗号解読
MI2…ロシア・スカンジナビア地方
MI3…東欧
MI4…航空機偵察

MI7…プロパガンダ
MI8…軍の通信傍受
MI9
MI10…兵器の分析・解析
MI11…第一線の諜報活動
MI12…軍の検閲
MI13…検察
MI14とMI15…ドイツ
MI16…王室のシークレット・サービス
MI17…ヘッド・オフィス
MI18…検察
MI19…捕虜への尋問

MI20~MI25というのも存在しらたしいですが、小さいセクションだったので、詳細は不明です。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

マイン

映画さながらの組織、ほんとに実在するのがすごいですよね。。。^^; 事実を映画にしてるので当たり前かもしれませんが。。。

「パタリロ!」面白いですよね。。。
1話目のパタリロはもっと美少年だったのに。。。^^
by マイン (2010-07-04 21:05) 

Tarot-Reader

ジュネーブ条約違反ということもあって、厳しいかん口令がしかれていたので、この組織についてはつい10年ほど前まで、誰も知りませんでした。
(ジュネーブ条約に違反した捕虜は死刑ですから)。
http://www.amazon.com/Escape-Factory-Story-Mis-X/dp/0312925727
↑に書いてたんですけどね。
著者のシューメイカー氏はもちろん、MIS-Xに加担した当事者です。


「パタリロ!」は大好きです(≧∀≦)
MI6は身長180センチ以下でないと採用されないのですが、長身の上にロンゲって…。だいたいバンコランってイギリス人の名前か?!などいろいろツッコミを入れながら読んでいました。

マインさんのように新しい映画じゃなくてすみません(>_<)
リアルに古い人間なんです。
by Tarot-Reader (2010-07-04 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。