So-net無料ブログ作成

中国武術 ~功夫(カンフー)~ [武道・武術]

心正則拳正
心邪則拳邪
心正しければ即ち拳も正しい
心邪(よこしま)なれば即ち拳も正しからず

中国武術、カンフーの心得です。


中国武術と聞いて一番に思い浮かべるのは、最も歴史の古い河南省の少林派ではないでしょうか。
他に太極拳などで有名な湖北省の武当派、そして四川省の蛾眉派
これらを合わせて中国武術三大流派と言います。
少林派

少林寺.jpg

中国武術において最大にして最古の歴史を持ち、禅宗の修行の中から生まれました。



武当派

武当.jpg

不老不死、陰陽などの思想を持つ中国の伝統的宗教・道教が元になっています。


蛾眉派

蛾眉.jpg

民衆の中で生まれ、動物の動きに学び、身近な道具を武器とし、女性の武術家も多く存在します。



それぞれの流派には、技や動きだけではなく、伝統、地域性、背景にある思想の違いがあります。

しかし、すべてに共通する思想もあります。



武術任可一世不用

不可一日不練習

武術、生涯使うことなければかなりいい
されど鍛錬は一日も欠かすべからず

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

マイン

少林寺拳法、ジェットリーが好きなので映画は観てたのですが、色んな流派があったんですね。
一向宗のお坊さんも武闘派だったと何かの本で読んだ気がしますが、闘うお坊さんが本当にいるっていうのが凄いですね^^
by マイン (2010-11-28 10:50) 

Tarot-Reader

マインさん、いつもコメントありがとうございます。

ジェット・リーですか。
私もリー・リーチェンだったころからファンで、よく映画を見に行ってました。
でも、ベタですが、やっぱりジャッキー・チェンが好きです。

一向宗も武闘派だったんですね。「踊り念仏」のイメージしかなかったんですが(^ ^;)
武蔵坊弁慶なんかも僧兵になるんでしょうね。。。
韓流ドラマなんかでも僧兵が出てきますし。

武術に限らず「道を究める」ということには共通点があると思います。
宗教、武道、芸術…占いに関しても私は同じようにとらえています。
(最初は何となく占いに流れ着いただけですけどね)

「真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり」
という言葉がありますが、占い師を目指している人を見ると、おもしろいくらこのどれかに当てはまります。
一番多いのは「言い訳ばかり」のタイプの人ですw
by Tarot-Reader (2010-11-28 20:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。