So-net無料ブログ作成
検索選択

ジュエリー制作の工程 [ジュエリー・パワーストーン]

まず、石選びからです。
何の石を使って何を作りたいか(ペンダントリングなど)を明確にします。そしておおよそのカラット数・宝石のカットを伝え、希望の石を取り寄せてもらいます。

ルースと呼ばれる裸石が届いたら、現物を確認し、気に入ればお買い上げ[揺れるハート]
パライバ・ルース.jpg
パライバのルース

そして、石のクォリティーを確認するため、鑑定機関に送り、鑑定書または鑑別書を発行してもらいます。
鑑別書.jpg

鑑定書と鑑別書の違いですが、鑑定書はダイヤのグレーディング・レポート、鑑別書はそれ以外の石の証書です。石にどの程度、処理・加工してあるのかも分かります。

続いて、デザインですが、キャスト枠と呼ばれる大量生産された枠で気に入ったものがあれば、それを使うと比較的安価に作れます。
キャスト枠.jpg
キャスト枠

キャスト枠で気に入ったものがなければ、自分でデザインです[ぴかぴか(新しい)]
デザインが決まったら、希望の地金・(周りにダイヤをはめ込む場合は)ダイヤのグレードを告げ、石を職人さんに託します。
気のきいた職人さんなら、制作前にワックスサンプルを作ってくれたりもします。


…こんな感じなので、だいたい制作に1ヶ月ほどかかってしまいます。


単なる道楽なんですが、石のクォリティーにこだわり、手間も暇もかかっているのでそれだけ愛着がわきます[揺れるハート]
そしてそのパワーも[exclamation&question]

一部のお客さんの間では、私のジュエリーに触るといいことがあったともっぱらの評判で、鑑定に来た方からは「触らせてください」とのお願いも。
もうプチ・パワー・スポット状態です[たらーっ(汗)]

真偽のほどはですが、こんなことで喜んでいただけるなら、いくらでも触っていってください。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

きゅきゅ

本格的ですね。
チャンスがあれば、私もさわってみたいです。
きれいな石ですね(^_^)
by きゅきゅ (2011-01-21 14:15) 

Tarot-Reader

パライバは本当にきれいなネオンブルーをしています。写メではお伝えできません(>_<)

せっかく買うのだから、とつい無駄にこだわってしまいます。
最近は、こういう高級な石もネットで買う人が割といますが、私はやっぱり現物を見て買いたい派なので。
by Tarot-Reader (2011-01-22 21:01) 

マイン

キャストって選べるんですね!!
そう考えると、ジュエリーづくりって楽しいのかもしれませんね♪♪^^
なかなかそんな機会も財力もありませんが。。。^^;猛爆☆
by マイン (2011-01-22 21:59) 

Tarot-Reader

>キャストって選べるんですね!!
セミ・オーダーという形になりますが。
老舗の宝石屋さんなどに行くと結構分厚いカタログがあって、石の大きさと相談しながら、提案してもらうのも楽しいです。

本当にただの道楽ですけどね。

by Tarot-Reader (2011-01-23 09:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。