So-net無料ブログ作成

メドゥーサ ~その真実の姿~ [神話]

メドゥーサと言えば、誰もが思い出すのは、ギリシャ神話のペルセウスの話ではないでしょうか?
チェッリーニ.jpg
チェッリーニ作

カノーヴァ.jpg
カノーヴァ作

ルーベンス.jpeg
ルーベンス作

Wikipediaの伝承によれば、下記の通りです。
「元々美少女であったメドゥーサは、海神ポセイドーンとアテーナーの神殿の一つで交わったためにアテーナーの怒りをかい、醜い怪物にされてしまう。これに抗議したメドゥーサの姉達も怪物に変えられてしまう。姉のエウリュアレーとステンノーは不死身であったが、メドゥーサだけは可死であったためペルセウスに討ち取られたとされる。アテーナーはその首を自分の山羊皮の楯アイギスにはめ込んだ。
別の伝承では、美少女であったメドゥーサは次第に傲慢になっていく。そして、とうとう女神アテーナーよりも美しいと公言してしまう。この発言がアテーナーの怒りを買い、醜い姿に変えられた。
この伝承では、姉妹が存在する場合としない場合がある。メドゥーサは元は単独の女神であったとも考えられる。この話は機織りの娘アラクネーの物語とも混同されやすく、同一視されることもある。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B5
元々、メドゥーサはリビアの女性たちに信仰されていた、古代の蛇の神で女性の英知の象徴であったと言われています。
メドゥーサ1.jpg
アルテミスの神殿のメドゥーサ

姉妹はいた、いなかったと節の別れている部分に関しては、三相一体の女神だったとも言われています。
三相一体.png
三相一体とは、三日月、満月、二十六夜の月を合わせた上の図の様に、3つの側面を持っているということです。図の月は、処女・母・老女と、女性の人生の3段階を表しています。
ゆえに、三姉妹であったり、姉妹はいなかったりという説が出てきたと思われます。

またメドゥーサは、エジプトではネート、北アフリカではアテナと呼ばれていました。
前史時代のギリシャ(B.C.2000~1150頃)では、アテナの胸あてにメドゥーサが描かれていました。
アテナ1.jpg
アテナ2.jpg
これはアテナとメドゥーサが同一神であったことを示唆していると言われています。
しかし、古典期のギリシャ神話になると、アテナとメドゥーサの繋がりは消し去られ、アテナはゼウスの頭から生まれた叡智を象徴する女神となり、メドゥーサを恐ろしい怪物とし、葬り去ることとなります。

詳細は、英語ではありますが、下記のサイトにもあります。
https://goddessinspired.wordpress.com/2012/05/05/medusa-the-libyan-dark-moon-serpent-goddess/
一部を抜粋しますと
"Athena and Medusa are one and the same. "
ご興味がおありの方は、是非読んでみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。